マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Peugeot coupe 407 デビュー!

久しぶりのブログです。

世の中は、W杯が終わってからがむしろ沸騰してますねぇ。
イタリアの優勝を忘れてしまうくらい、セリアAでは、醜聞にまみれたビッククラブに
厳しい制裁が下りました。ユーべは数年は立ち直れないかもしれないね。名門崩壊・・・。
一方で、マテラッツィに頭突きくらわしたジダンのフランスも大変なことになってますね。

強引に話を変えると・・・

そんなフランスの車メーカ、プジョーからついに“絶世の美クーペ”といわれた
406Coupeの後継が登場しました。

Coupe 407 
b0015910_22133174.jpg

これは、ピニンファリーナから決別して社内デザインチームが作ったものとのこと。
いやー、この外観は久しぶりに “マジで、欲しい!!” と思ってしまいました。
その異常な長さのオーバーハングがこのCoupeのデザインのためであることを
初めて納得できました。坂道での運転しにくさとかそんなことは関係ないんですね。

車とは、“所有する喜びを噛みしめるもの”!?

やっぱり、見とれて心奪われるデザイン。誰もが振り返ってしまうデザインは命です。
このCoupe407は、外観だけでなく内装、足回り、全てにおいて大人なクーペであることを
十分満たしてくれます。

ちなみにディーラーの営業からは、しっかりカタログが送られてきました。ありがとう!!
ディーラーに行ってしまったら間違いなく試乗してしまう・・・・。
しかーし!価格は¥5,490,000  現実は甘かぁねぇ。

まぁ、ロト6 or サマージャンボが当たったら真剣に考えます。
それまではミニカーとか雑誌で妄想して我慢します。
[PR]
# by manulion | 2006-07-17 22:34 | Peugeot 307 SW

シーズン終了

久しぶりにブログを開きました。ほとんど浦島太郎です。

何を書こう。やはりマンUネタですかね。
基本的にやっぱりPCに向う時間は少ないうえに、最近はmixiばかりでした。。。

さて、今シーズンは結果2位でフィニッシュでした。
結局、憎きブルーズに連覇されるというふがいなさ。
ガナーズ、レッズ共にブルーズの前では歯が立たず。。。

ハァ~。確かに、前半はブルーズの無敗記録を止めて少々意地を見せたり、
ニステルローイが絶好調で得点王狙えるとか期待もありましたが、
予想外のCL予選敗退。闘将ロイ・キーンのシーズン途中での電撃退団、
そして最後は大エース、ルート・ファン・ニステルローイの逃亡。(恐らくこのまま放出)
私にとって今シーズンは特に印象の悪いシーズンとして記憶されそうです!!(泣)

どうでもいいですけど、ファギーと衝突(喧嘩)した後は、絶大な実績も虚しく、
皆後味悪くマンU人生が終わってますね。

カンチェルスキス、スタム、ベッカム、キーン・・・・

それだけ、ファギーは絶対君主なんでしょうねぇ。おお、コワ。


来期のチーム作りはどうなることやら。
ルーニー中心のチーム作り+進化しつつあるC.ロナウドは来期こそ大化けの可能性?
ニステル亡きあと、巷ではスペインの若手ホープ。F.トーレスを獲得?とのこと。
あとはやはり弱体化したCHの補強かな。ギグスやスコールズが無難に使えるとはいえ、
ずーっとベストなパフォーマンスはきつい。やはりそこは若手の有望株を。
バラック?ガットゥーゾ??はいい歳だとするとリヨンのディアラあたりなのかな・・・。

さぁ、あと20日少々でW杯ですがイングランド代表の命運は如何に?
[PR]
# by manulion | 2006-05-13 22:22 | Man.U

うわさのジャポネ

会社はオフィス街に位置するため、昼飯には事欠かない。
しかし、ネットで知ったこの店は本当にスゴイ。

“スパゲッティとカレーの店 ジャポネ”

住  所:東京都中央区銀座1-2 銀座INZ3
電話番号:03(3567)4749
定休:日曜・祝日
営業時間:10:30~19:30(土 ~15:00)

何がスゴイって、『ラーメン二郎』 のような中毒性を持っている店なのだ。
共通項は以下↓のとおりだ。

・値段が異常に安い ¥500ぐらい
・量が半端じゃない多さ 並ですでに一般の大盛り
・なぜか美味い! (クセになる)
・リピーターが多く、大行列をなしている

スパゲッティ屋ではあるが、イタリアンなお上品なパスタを想像してはいけない。
麺の太さはうどんのようなもの。
そう、名古屋で著名な“あんかけスパゲティ”(ヨコイ@栄)と同じである。

そして、ボリュームは、並ですでに恐らく一般の店の大盛以上。
しかし値段はこれがまた激安! 並でたったの¥500~550。

面白いのは、量の呼び方。 並 → 大盛(ジャンボ) → 横綱 → 親方 → 理事長
他サイトで調べてみると、並を1とすると、大盛2倍、横綱3倍、親方4倍、理事長5倍という
計算だそうだ。大盛の重量が560gという驚愕の情報も発見した。。。

メニューは、醤油や塩をベースのものがほとんど。日本人好みに作られています。
あとは、ナポリタンやザーサイが入っているチャイナ。スパゲティにカレーをかける
インディアンなるメニューもあります。

b0015910_1181581.jpg

b0015910_1184322.jpg


作り方を見ていると、これが非常に単純。
道具はフライパンのみ。
マーガリンかバターかをフライパンに入れて熱し、
あらかじめ茹でられた、麺をわしづかみにしてフライパンに放り込む。
秘伝の水?と各種調味料を入れて、しばらく炒める。

職人Aが下味を確認したら、隣のコンロに移動させる。
最終の味付け確認と仕上げを職人Bがして、盛り付け。
空いたフライパンは、洗わずに焦げをヘラでこすり落とすだけ。

たったこれだけで、数々のメニューを作る。しかもどれも驚くほど美味い。
まさに、魔法のフライパン。
美味いというか、病み付きになる味付け?やはり二郎のようだ。

一番人気は、恐らく「ジャリコ」 醤油味に大量の紫蘇(シソ)が効いてます。
私のオススメは、昔懐かしいケチャップ味の「ナポリタン」or「明太子」

会社の部署のメンバーでたまに行きますが、皆すでに大盛(ジャンボ)を食べてます。
前回、はじめて明太子の“横綱”に挑戦して完食しました。。。

詳しくはこんなサイトに写真とメニューが詳しく紹介されています。参考にどうぞ。
[PR]
# by manulion | 2006-02-26 21:32 | Foods
今日はちょっと音楽の話。

今年は、天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト生誕250年にあたります。
クラシック業界はモーツァルトイヤーということで、様々はイベントを開催しています。

今年注目のイベントとして、GW5/3~5/6に有楽町の東京国際フォーラムにて行われる

★ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン La Folle Journee au Japon 2006

b0015910_12592660.jpg

「熱狂の日」音楽祭というイベントがあります。
その特徴をWEBから抜粋しますと・・・

・朝から終電間際までまるまる3日間クラシック漬け!
・東京国際フォーラムにある8つの会場で、朝から夜遅くまで
 同時に次から次へとコンサートを開催。
・各コンサートは約45分間とし、聴き手を飽きさせない。
・東京の中心部がまるまる[音楽の島]になる。
・第ニ回のテーマは「モーツァルトと仲間たち」。
・周辺エリア (大手町、丸の内、有楽町、銀座) でもプレイベント等を開催し、
 100万人の人々に音楽の楽しさを提供する。
・世界最高水準の演奏をまるまる破格の料金(1500円程度)で! 
 家族揃って聴きに行ける。
・世界各地から、著名なアーティストが集合。 同時に、日本の一流アーティストも参加!

まぁ、要するに、音楽を手軽に、誰でもが楽しめる、お祭りみたいなイベントです。

どれだけ敷居が低いかというと、クラシックのコンサートでは絶対タブーとされる、

・未就学児童の入場
・12歳以下の子供の入場

が、3歳以上なら18:30までの公演は全て観ることができるとか、
もっとすごいのは、0歳でもOKのプログラムがあるんぐらいです。

実は、かくいう私も実はプレイヤーで出ます。
お金を払って聴くところに登場するのは、もちろんプロのプレイヤーたちですが、
このイベントでは、例えば展示スペースや、待合スペースなどでも生演奏が常に
流れているという仕組みがあり、そこではアマチュアにも演奏の機会が与えられていて、
私の所属している、室内楽オケも出演が決定しました。(日時はまだ未定)

でも、最終日5/6(土)は出番が無いので、10ヶ月の娘を連れて3人で行こうと思い
0歳からのクラシックコンサート ↓のチケットをGETしました。

5月6日♯ホールA 10:00~

《出演》
工藤重典:フルート
吉野直子:ハープ
トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ:オーケストラ
沼尻竜典:指揮

《プログラム》
モーツァルト『歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲』
モーツァルト『フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調』
モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲 ハ長調』

公演によってはもう完売のものもあるようです。詳しくは、チケットぴあ他でチェック!

最後に、やっぱりこれもベタですが、予習をかねて改めてチェックしておきましょう。
モーツァルトの生涯を描いた 映画 『アマデウス』 です!
b0015910_1304989.jpg
[PR]
# by manulion | 2006-02-26 13:03 | Music (Violin)

GIOTTO ベリーのタルト

今日は、莉穂の初節句祝い&父親の誕生日祝いを兼ねて我が家に父・母・妹が
遊びにきました。

ちなみに雛人形は、先日嫁の実家に近い伝統のある人形屋にて、我が家のサイズに合う
いいものを購入して頂きました。(祖父母に感謝)
せっかくなので、ケーキでも買ってこようかなと思って午前中に銀座へ。
いつもは、松屋に出向くので、久しぶりに三越のデパ地下でも行ってみようかと移動。
散々迷った挙句に、いつも気になっていたGIOTTOで、ベリーのタルト↓を買いました。

b0015910_2351075.jpg

これ、マジ美味かったです。
大量のイチゴ、ラズベリー、ブルーベリーの3種が、まろやかなカスタードクリームの上を
覆い尽くしています。ココアクッキーのタルト生地との相性が抜群です。
ケーキは味はもちろん“見た目”も重要です!これは高次元でバランスしていました。
[PR]
# by manulion | 2006-02-20 00:13 | Foods

久しぶりに・・・

いやー、気がつけばもう2月中旬ではないですか。

家でPCに向う時間もなくて、ブログは枯れ果ててました。。。

マンUはリーグ戦は相変わらず負けてはならぬ相手に足をすくわれて、
ブルーズの背中が遠い遠い2位のまま。まぁプレミア制覇は厳しいので、今期は
カーリング杯、FA杯の2冠を狙うだけッス。

しかし、相変わらずセンターハーフの人材難によりゲームメイクがダメダメ。
DFラインも危なっかしいことが多い試合ばかり。エブラ、ビディッチも凡庸かな・・・。

明るい材料は、Mr.個人プレイのC.ロナウドの球離れがよくなって調子がよい。
ゴールが決まるようになってよいサイクルになってきた。

どうでもいいけど、『無回転シュート』 が得意だね奴は。三浦(淳)も得意だね。
フルアム戦でのスーパーFKとか、ポーツマス戦でのミドルは圧巻だった。

いよいよ“7番”Legendの始まりか?
伝説にはまだまだ程遠いけどこれを積み重ねていって欲しいです。

試合のコメントは溜まり過ぎたので割愛します。
[PR]
# by manulion | 2006-02-19 23:34 | Man.U

Man.C - Man,U Manchester Durby

ああ、最悪のマンチェスターダービーでした。

アウェイでのゲーム。
Man.Cファンの異様なテンションが試合開始後からスタジアムを包む。
思えば気合いでも最初から負けていました。
試合に勝つぞ!という気持ちがMan.Cにはありました。

スタメンは、

    サル
兄、リオ、シル、エブラ
  フレッチャ オシェ
ロナウド     ギグス
   ルーニ ニステル

フレッチャー、オシェイがCMFって、、、。今のチームレベルを象徴します。
世界屈指のクラブチームじゃないよね。やっぱり。

移籍後初スタメンのエブラ。ちょっと期待しましたが穴でした。
まぁ、いきなりダービー戦に登場はさすがに酷かな。前半でお役御免でした。

そして今日もロナウドが一人空回りでぶち壊してくれてました。
たまに出すショートパスの精度は低い、トリッキーなパスは周りが予想できない。
サイドチェンジ?の無意味な一人ドリブル・・・。
挙句の果てに、報復を狙って醜いファウルで一発レッド。ああ、7番が腐る・・・。

今日はCBもボロボロ。怪我を抱えていたらしいがシルベストルはやっぱ使えない。
バッセル、コールにいいようにやられていました。
前半30分過ぎに立て続けにシンクレアとバッセルが得点。2点差。

後半は、75分にニステルローイの技ありゴールで反撃か!と思ったものの
守りを固めたマンCを崩せず。
最後は、カウンターをくらってシルとリチャードソンが翻弄され、老体ファウラーに
息の根を止められる。

このままずるずる下がっていってしまうのでしょうか。。。
[PR]
# by manulion | 2006-01-15 07:00 | Man.U
初優勝おめでとう!野洲高校イレブンの皆さん。

なにげなく、決勝戦:鹿実vs野洲の試合を観ていたら、
面白いサッカーをやっていて吸い込まれてしまいました。

野洲高校は、高校サッカーに革命をもたらすという(監督の野望?)を
見事に体現していました。
個人の能力=高度なテクニックのサッカーがウリだったようですが、
フィジカルも強いし、そしてスタミナもしっかりありました。
鹿実に同点においつかれてからも、慌てずに自分たちのペース、サッカーをする平常心。
これが勝利を呼び込みました。

延長後半の勝ち越しカウンターはまさに圧巻。

左から大きく逆サイドへ速いクロス。いったんセンターへショートパスを出すと、
10番(9番?)がポストになってもう一度右へ開く。そこに絶妙なセンタリング
すでにFWは2枚走りこんでいました。12番がボレーで押し込んで勝ち越し。
これ高校生のゲームには見えませんでした。しかも延長後半のスピードには見えない。
本当に強かったです。

ゲームメーカー10番、ストライカーの9番、豊富な運動量の14番が光っていました。
素晴らしい!DF、GKもがんばっていました。もちろん勝因の一つです。
改めて野洲高校イレブンの皆さん!素晴らしいサッカーをありがとう。
そして優勝おめでとう!
[PR]
# by manulion | 2006-01-10 00:51 | Various

1月の移籍

1月の移籍市場が熱くなっている。

怪我で今期絶望である左SBガブリエル・エインセの穴を埋めるべく、

ASモナコから、フランス代表のパトリス・エブラを獲得とのこと。これはデカイ!


ちなみについ先日には、スパルタク・モスクワからセルビア・モンテネグロ代表のDF

ネマニャ・ヴィディッチの獲得を発表したばかり。一気に若手有望株DFの補強にでた。


そしてDH補強としてデンマーク代表、エバートンにいた(現レアル)

トーマス・グラベセンを獲得間近かとの報道も。

あれ!?今がんばってるアラン・スミス君のメンツはどうなるの?

それにグラベセン獲るくらいならキーンを手放さなくても良かったんじゃないの??


・・・ちなみに、そのキーン先輩は8日に移籍先セルティックで初登場。

試合は負けてしまったようですが、俊輔に愛のムチを入れてやって下さい。
[PR]
# by manulion | 2006-01-10 00:28 | Man.U
○Man.U 3-0 WestBromwich

スコールズに弾丸ミドルが久しぶりに気持ちい~。その後リオが追加点。
ダメ押しは、途中投入のスミスがファーストタッチでニステルへ絶妙クロス。
ベッカムを彷彿とさせるしびれたぜ!!
それをニステルが難なくヘディングで叩き落して3点目。

Birmingham 2-2 Man.U△ 

カーリング杯には勝ったばかりの相手かつ1週間以内に対戦で今度はドローでした。
ロナウドがやっぱ×だったですね。。。ルーニー神話が崩壊。
スールシャール復帰でしたがなんだか古き良き時代の選手に見えてしまいました。
しぶとく泥臭く勝てましぇん。勝ち点損した。。。

○Man.U 4-1 Bolton

今年最初の試合=ファギーの誕生日。なんとしても勝ちたいところ。
しかし、我が家は受信妨害でLIVEで見れず。幸先悪ろし。
そんな状況を尻目にマンUは無事大勝で今年最初の1歩を刻みました!
この試合、サハとフレッチャーが良かったですね。
あとはロナウドが(一応)意地の2発。しかしこの男を見ると前回のドローが悔やまれる・・・。

Arsenal 0-0 Man.U△

因縁対決はつまらない試合でした。ロナウドがまた浮いてました。朴の方がいいだろうに。
ガナーズも今期はダメそうですね。ファギーともどもベンゲルも解任!? 
ブルーズにまた勝ち点差あけられた・・・13差。

はぁ~
[PR]
# by manulion | 2006-01-10 00:08 | Man.U