マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ジョージ・ベスト逝く

今度は、マンUの60年代を支えたカリスマの訃報です。

b0015910_22273682.jpg

5人目のビートルズと言われ、天才肌のドリブルと破天荒な私生活と甘いマスクといった
あらゆる面で話題にことかかなかったジョージ・ベストが59歳という若さで亡くなった。

まぁ、稼いだ金は酒と高級車に消えたと豪語したり、数々の女性と浮き名を流したということ
だから、59歳でも逆に長すぎるのかもしれない。。。

ギグス&ルーニーのプレイスタイルとマラドーナの天才肌と破天荒な私生活ぶりと
ベッカムの人気をミックスした感じなんだろうか。話をきくと本当にカッコ良かったらしい。

マンUにおける、悪童の歴史はベストに始まり、カントナ、キーン、リオ、そしてルーニーへと
しっかり受け継がれている。これが無くては、『赤い悪魔』は始まらない!!

しかし、彼の功績はマンUにとどまらずイングランドサッカー界に絶大な影響を与えたこと。
今回の訃報でどれだけの人気を誇っていたのか知って改めて偉大さを痛感させられた。

安らかにお眠りください。

・・・しかし、今シーズンはマンUは激動ですねぇ。
最後はファギーの辞任でしめくくるのでしょうか。。。
[PR]
by manulion | 2005-11-28 22:34 | Man.U

Charlton 1-3 Man.U

Week12 チャールトンのホームにて。

前節チェルシーの無敗を止め↑ そして主将ロイ・キーンの電撃退団↓
果たしてチームのモチベーションはどうなのか気になるユナイテッド。

先発は、
       サル
 ブラウン リオ シル オシェ
     スミス フレッチャー
スコールズ       ロナウド
     ルーニー     
        ニステル

4-4-2が定着して来た感じ。
肝心のキャプテンマークは、ファン・ニステルローイがつけてました。

続きはこちら・・・
[PR]
by manulion | 2005-11-21 00:13 | Man.U
嗚呼、なんてあっけないんだ・・・。
ニュースを見たとき、普通に思ってしまった。

我らがキャプテン、闘将ロイ・キーンがついにマンUを退団することになったとのこと。

b0015910_23474697.jpg

93年ノッティンガムフォレストからの移籍以来、12年間に渡りマンUの黄金期を支えた
いわば“顔”の一人。ファギーからの信頼も厚かった。

私は、正直彼に憧れてました。
強烈なキャプテンシー、闘将の異名のごとき熱いプレー(敵・味方関係なし)、DHとしての
ボール狩りの巧さ...etc

そして、キャリアの絶頂で迎えた02年W杯。
アイルランド代表の主将としてのキーンを観たかった・・・。
予選のオランダ戦は本当に彼がいたからこそ勝ったような試合。凄かった!

今思えば、それ以降は彼にとって災難の連続だったと思う。
暴露本騒動、臀部の手術、老いとの闘い、そして9月に骨折。
堕ちたキーンは正直見たくなかった。

今期限りで退団という報道は聞いていたが18日付けでとは、寝耳に水!
MUTVでのフレッチャー他若手の批判が引き金になったらしい。

これで、またマンUの一時代が終焉した感じがしました。
こんな調子で、ギグス、スコールズ、ネビル兄も退団する日がそう遠くないんだろうな・・・

やっぱりむちゃくちゃ寂しいです・・・
[PR]
by manulion | 2005-11-18 23:49 | Man.U
今シーズンは、はじめて全てレンタルで観終えましたよ。
本当はこれ↓買おうと思っていたんですが、発売が11/25と聞いて、

b0015910_23112652.jpg

待ってられるか!と思い、やっぱり早く観たくてレンタルに踏み切ったわけです。
TSUTAYAとか大手なら本数も多いので不便ではありませんでした。

いやー、それにしも今シーズンも面白かった~。
シリーズ最高のストーリー展開ではないかと勝手に思ってます。
内容はもちろん伏せます。皆さんご覧になってください。

今回は、私の仕事柄か、ジャックのような目的達成意欲が桁ハズレで高く、責任感も死ぬほど
強い部下を持った場合における、上司のあり方、組織のあり方などマネジメント論のことを
ものすごく考えながら観てしまいました。(だいぶ頭やられてますかね・・・)

そういえば、最近『踊る大捜査線に学ぶ組織論入門』なる本が売られていました。
b0015910_23112448.jpg

これに便乗して、『24-TwentyFour-に学ぶ部下マネジメント入門』 なんていう本がでなきゃいいですけど(笑)
[PR]
by manulion | 2005-11-13 23:16 | Various
ラーメン好きは、世の中たくさんいます。
好き嫌いというのは、本当に人それぞれなので、
何がベストだなんていうのは百人百様でいいと思います。

かくいう私もラーメンは大好きです。
育ちが船橋、予備校が四ツ谷、大学が吉祥寺だったので、
その沿線のラーメン屋にはしばしば足を伸ばしました。
1店1店特徴があり美味しいと思うことも、そうでないものもたくさんありました。
で、やっぱり通うラーメン屋は絞られます。ということで私の独断でベスト3を紹介。

★私が年間30回以上は行く店 
 『支那麺はしご』 だあろうだんだんめん大辛+ライスwithてんこ盛りのたくあん
 
 説明ができない、奥の深いやみつきになる辛さ。一般的な坦々麺とは似て非なるもの。
 細麺と柔らかい太肉(だあろう)が辛さによくからむ。 
 支店がいろいろあるが微妙に味が違う。絶対のオススメは、銀座数寄屋橋交差点
 モザイクモール(旧阪急H2)の地下1Fにある本店が文句なしのNo.1。
 ちなみに、ライスは無料でつけてくれる。テーブルに出されているたくあんもナゼか好き。

支那麺はしご 銀座本店
東京都中央区銀座5-2-1B1

★つけ麺を食べたいときに車を飛ばしていく店
 『めんや もも』 特つけ+メンマ+そぼろ飯 (メンマは調理してくれる絶品!)

“無化調”=化学調味料無し をでかでかと掲げているアットホームなラーメン屋。
 ご主人と奥さん?の2人でやられている。奥さんの名前が桃●なのだろうか・・・
 本当は、醤油や塩も絶品なのだが、私はここでは冬でもつけ麺をほおばっている。
 最後に自慢のダシで割ってもらうと至福で完食できます。
 ちなみに、2年前の夏に限定メニューだった、“辛おろしつけ麺”の復活を願っている。
 
 めんやもも
 東京都江戸川区江戸川6-9-5

★新宿で仕事があった場合に絶対行く店 
 『満来』 チャーシューざる 

 凶悪なぐらいのチャーシューの量が自慢の店だが、私はなにげに麺のつるつるとした
 喉ごしも好き。つけダレも醤油ベースに酸味とピリ辛が食欲をそそる。
 私は営業時代、自分のストレス度を測るためにここのチャーざるでベンチマークしていた。
 おいしく完食できれば、絶好調。完食できず肉が胸焼けに感じる時は、Badコンディション。
 満腹感を感じたい。チャーシュー=肉を死ぬほど堪能したいと思ったらここは間違いない。
 
 満来
 東京都新宿区西新宿1-4-10

★わりと頻繁に行く店
 
 『ますたに』 ・・・背脂の甘みと下層にたまった唐辛子とのコントラストがハマる。青ねぎもよし。
 『ラーメン二郎』 ・・・支店がいろいろあるが環七一之江店が好き。三田の感動がよみがえる。
 『ホープ軒』 ・・・吉祥寺に行った時は必須。中華+味玉+青いにんにく 学生時代の思い出
 『渡なべ』 ・・・路線を変えて、魚ダシ系を食べたい時は迷わず高田馬場へ 完成度高し!

うう、食べたくなってきてしまった。。。。
[PR]
by manulion | 2005-11-12 23:59 | Foods
音楽ネタを少々。

先日11/5(土)に私の所属するオーケストラの演奏会がありました。
正確にいうと区の文化祭イベントに出演させてもらっての演奏なので他にも4団体が
演奏を披露する中での1コマというわけ。

それでも、1団体40分くらい枠をもらっていたので、うちのオーケストラは、
ALLベートーヴェン・プログラムで3曲演奏しました。

★バレエ音楽 プロメテウスの創造物 序曲
★コリオラン 序曲
★交響曲 第1番

続きはこちら・・・
[PR]
by manulion | 2005-11-12 22:27 | Music (Violin)

Man.U 1-0 Chelsea

勝った~!!!!!!!!!!!
勝ちました。アーセナルに続き、仇敵ブルーズのプレミア無敗記録を止めた!

ここ数試合のだらしないディフェンスが見事に集中力を発揮していた試合でした。
前半から中盤のプレスが早かったのと、ファンデルサールのファインセーブも効いてました。

8分ドログバが後方からの球をワントラップボレー、ファンデルサールが正面で止める。
18分にはカウンターで、左サイドのルーニーが鋭角に折り返し、画面の外から走り込んで
来たのがスコールズ!弾丸ミドルが惜しくもアウトサイドにカーブでそれる!!
得点シーンは、前半31分ロナウドの左サイドからのクロスを、ファーサイドのフレッチャーが
ラッキーな角度(折り返し?)でヘディングシュートが吸い込まれて先制。

後半はチェルシーが猛攻。
ランパードのシュート、ドログバの泥臭いシュートなど何度か冷や冷やしましたが、ツキと
VDサールのファインセーブが炸裂して防ぎまくる。
54分には、ルーニー→フレッチャーが折り返したボールがニステルローイの絶好の
ポイントにくるもシュートをふかしてゴールならず。スタジアム全体がため息。
84分には途中交代で入ったパクがチャンスをメイクして、ルーニーがミドル。
DFガラスの股間に当たりゴールならず。入っていたら完全勝利だった瞬間。これもため息。
ロスタイムは4分だったものの、集中力を切らさず試合終了。

まぁ、キーンに叩かれたメンバーは全員目が覚めた活躍ぶりでした。
フレッチャーが決勝点というのもちょっと皮肉・・・
しかし、今日のスミスは効果的な役割を果たしてました。開花したかな?

こういう試合の次が、大事。大ボケをしないように気をつけよう。

起きてて良かった。もう寝ます。
[PR]
by manulion | 2005-11-07 03:30 | Man.U

FBM2005

今さらながらの話題を、もうひとつ。

今年もフランス車乗りにとっての年に1度のお祭りイベント『French Blue Meeting』
車山高原まで行ってきました。今年のステッカー↓
b0015910_22401776.jpg

ちなみに、昨年の参加模様はこちら

今年の日程は10/15・16の土日。会社の後輩の結婚式が15日(土)にあった関係で、
今年は16日だけの日帰り参加を敢行しました。もちろん妻と子供(6ヶ月)も一緒。
子供にとっては初めての遠乗りでちょっと心配。

続きはこちら・・・
[PR]
by manulion | 2005-11-06 22:17 | Peugeot 307 SW

崩壊・・・

約一月ぶりのアップになってしまいました。

忙しくてなかなかアップできませんでしたというのは建前で、
わざわざ時間を割いてアップするには、あまりに無様すぎて怒りが収まらないのが本音です。
あとPCがネットワークアダプタのトラブルに見舞われて修理に出していたのもあります・・・。

・サンダーランド(Away) ○3-1
・CL3節リール(Home) △0-0
*C.ロナウドのレイプ疑惑
・スパーズ(Home) △1-1
・ミドルスブラ(Away) ●1-4
・CL4節リール(Away) ●0-1

サンダーランド戦はルーニー、ニステル、ロッシの初ゴールで良かったですが、
その後はこの有様で、プレミアは9位に転落・・・CLもグループ3位に転落・・・

DF陣の崩壊。特にリオ・ファーディナンドの失態ぶりは深刻です。
何が原因なんだろうか?プライベート上の問題??
ディフェンス意識に迷いがあり、ラインコントロールやカバーリングの読みがダメダメの上に、
あれだけ1対1に絶対の強さを見せていた男が簡単にかわされての失点。
イングランド代表としてもこれはヤバイでしょう。

もちろん、他にオシェイ、スミス、フレッチャーも戦犯級の無能ぶりです。
この上に、ルーニー、ニステルも調子を落としていれば個人能力に頼ることもできず
こういう結果になっているわけです。
キーン先輩もぶちキレのコメントをする始末。

主力がこぞって怪我だから戻ってくればなんとかなるでしょは楽観しすぎ。
こんな歯車の狂ったユナイテッドは過去に記憶にないです。
そして今晩、チェルシー戦がきてしまいました。
息の根を止められるか、それとも何かが起きるのか?

ファンとしてできることは、魂を込めた応援。ただそれだけです。
[PR]
by manulion | 2005-11-06 19:09 | Man.U