マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

カテゴリ:Man.U( 59 )

Liverpool 0-1 Man.U etc...

今年はもっと頻繁にブログ書こうと宣言しておいて
早速つまずいてしまいました。。。
正月休み以来です。皆さんお久しぶりです。

その間、Man.Uはトッテナム戦、FA杯、カーリング杯(チェルシー戦)と
こなしてきました。いまさらなのでこの解説は、おなじみだるにーさんの
ブログ
を参照していただきましょう。

ということでリバプール戦の感想を。
敵地アンフィールドに乗り込んだ満身創痍のMan.U。
ルート、リオ、ギグス怪我人続出。相手のリバプールも同じく怪我人だらけ。
しかし、リバプールは元旦のチェルシー戦は互角以上の戦い方だったし、
移籍デビュー戦となるモリエンテスとペジェグリーノが先発ということで
なんか嫌な雰囲気。

Man.Uのフォーメーションは、4-5-1(4-3-3)
GK:(お笑い)キャロル
DF:P.ネビル、ブラウン、シルベストル、エインセ
MF:ロナウド、スコールズ、キーン、フレッチャー、ルーニー
FW:サア

試合は大歓声のホームアドバンテージと現在の勢いそのままに、
リバプールの押せ押せと前線の早めのチェックで防戦が続く序盤。
しかし、センターの2人キーン先輩とスコールズが流れを変える。
特にキーンの動きが素晴らしい。スコールズとのポジショニングが巧みで
得意のボール狩りが冴えわたる。
ボール半個分高かったけど、ドライブシュートも放ってました。

そして流れが変わったのは、前を向いたルーニーがペナルティエリア外から
意表をつくロングシュートが決まってから。閃光一閃!鋭く足を振抜いたボールは
低く強烈な弾道でデュデクをかすめゴールへ突き刺さる。
胸のすくようなシュートでした。CLフェネルバフチェのデビュー戦でみせたような
うなりをあげるシュート。

それからはMan.Uのボール支配率もあがり、相手はカウンター一発狙い。
なんかやりそうなモリエンテスも結局途中交代。L.ガルシアの素晴らしいクロスを
ダイレクトボレーだ魅せたぐらいで後は浮いてました。
結局、リオ不在のDF陣が体を張って踏んばり7試合連続の無失点で終えました。
Spurs戦の世紀の誤審にも助けられました。
体を張りすぎてブラウンが警告2枚の退場。。。
しかし途中から主審(S.ベネット?)が見境なくイエローカードを乱発させて
ましたからアンラッキーだったかも。

とりあえず3位は堅守。でもやっとこさ感は否めない苦しい状況。
次節1/22アストン・ビラ、2/1はアーセナルとの対決。本当に厳しい~!!
ちなみに“お笑いGK”キャロルは、昔のへなちょこセービングの姿が見え隠れ
してました。GK早急に解決しないと。
[PR]
by manulion | 2005-01-16 19:43 | Man.U

Middlesbrough 0-2 Man.U

2005年初試合でした。相手は曲者のボロ。
前回はホームで1-1のドローでした。
しかし!相手はけが人続出で台所事情は厳しいから前回とは違うはず。

フォーメションは、4-5-1というか4-3-3でスミスの1TOPに好調ギグスとロナウドの
両翼。CHにスコールズとフレッチャー。中央の底にキーン先輩。
DFはエインセ、シルベストル、リオ、P.ネビル、GKキャロルという先発でした。

試合は圧倒的なボール支配率からくる安定感のある展開でした。
それを可能にした中盤の4人。両サイドのギグスとロナウドがいつものように頻繁に
ポジションチェンジを行い、CHのスコールズとフレッチャーも自由に入替わる。
中盤の底に鎮座するキーンと、連携の完成度を増したDF陣の存在があってこそ。
そして今日もギグスがMan of the matchでした。
1点目のフレッチャーへのアシストと、2点目の自らの得点(3試合連続!!)
文字通り縦横無尽のドリブルが本当に効いてます。

そして、もう一人のキーマンはガブリエル・エインセでしょう。
試合の随所で危機の芽を摘んでました。カバーリングの広さとポジショニングの巧みさはMan.Uにとって完全に不可欠なDFになりました。
ファギーをして、エインセを「Man.Uの宝」だと言ってますし、リオに対しても「世界最高のCBだ」と称していることを考えても、今期のDFラインはエインセ、シルベストル、リオ、G.ネビルで完成でしょう。ルートが戻ってくれば後半はまだまだ行けるぞ!

ということで、TOP2はというと・・・
元旦早々の注目カード チェルシーvsリバプールでしたが、終わってみれば
J.コールのラッキーなリフレクションゴールが決まって1-0で勝ってしまいました。
2位アーセナルも勝ってしまったため勝ち点差に変化はなし。
ならば、Man.Uもチョンボは許されません。ぴったり追走します。
[PR]
by manulion | 2005-01-03 02:10 | Man.U

Ryan GIGGS!!

久しぶりです。BackDateでMan.Uネタのアップをまとめて。

■Man.U 2-0 Bolton

最近、スカパーはTOP2の試合をLIVEでやってマンUの試合は録画放映ばかり。
Man.U-Boltonは録画しておいたのに、見事に嫁にドラマを
上書きされ観れず。またまた、だるにーさんのところでチェックさせてもらいました。
ギグスとスコールズ。古参の2人の活躍で勝ったようだ。
ギグスが元気なのはファンとして嬉しい限りです。上位3チームにぴったり追走。


■Aston Villa 0-1 Man.U

そして、続くVilla-Man.Uも録画にて。今度はちゃんと観ました。
でも、仕事納め後の毎日は飲み会やら、ドラクエやらなきゃとか、決戦Ⅲ
やらなきゃとか、グランツーリスモ4も欲しい(ゲームばっかじゃん)、24シーズンⅢも
見なきゃとか、掃除しなくちゃとか、コンサートに出かけなきゃ・・・etc ということで
観たのはついさっき。
言い訳ですが、やっぱLIVEでやってくれないと緊張感がなくて、録画を観るのは
だらだら先延ばしになってしまいますね。

で、この試合は3rdユニフォームでのアウェイに臨んだMan.U。
なんと言ってもライアン・ギグスのパフォーマンスが本当に素晴らしかった!!
b0015910_162690.jpg

今シーズン一番の出来でした。自慢のドリブルも全盛期のスピードはないものの、
緩急の巧みさ、コース取りの妙、共に円熟のプレーを随所に魅せつけてました。
そして、この試合の唯一の得点も彼の左足で。
エバートンが負けて3位に浮上。元旦のボロ戦も内容よく勝ってくれ。
しかし、ルートがいない前線はやはり細い~。ルーニーは生粋のストライカータイプ
じゃないし。スミスもポストプレーがんばってましたが、最後でハズすしなぁ・・・。
ルート早く戻って来て。
[PR]
by manulion | 2004-12-30 22:42 | Man.U

Man.U 5-2 Crystal Palace

この試合の放送がLIVEでやらなかった。どうして??
調べるとどうもJ-skyのMUTVでやるようで、これじゃ自分が契約している
プランじゃ観れないじゃん!!しかも21日(火)に放送。スカパーせこいぞ!!

ということで、気になってしまったので、いつものとおりだるにーさんのページを先読みさせてもらいました。

なんとか勝ったようだ。ベテラン達が元気なのは喜ばしいことですが、
しかしルートの復帰があと1ヶ月かかるとは・・・。
CL決勝ラウンド1回戦の相手がACミランだし、正直キツイですね。。。
よそのことを気にしている暇はないんだけど、確かにチェルシーvsバルサは
楽しみですね。今勢いのあるチーム同士。
チェルシーの試合を何気なく観たけど、ロッベンが復帰してからはダフとの両翼が
本当に機能していますね。FWがもしルートのようなパーフェクトなストライカーが
いたらブッチぎりの首位になってしまうくらい。。。

ああああああ、よそのチームを羨ましがっている場合じゃない!
とりあえず年内は全勝で。でも、どうしたらいいのでしょう。
[PR]
by ManULion | 2004-12-19 16:16 | Man.U

Fulham 1-1 Man.U

あーーっ!痛恨のドロー・・・・最悪です。
せっかくChelsea-Arsenalがドローだったので勝ち点を縮めるチャンスだったのに。
ディオプの野郎ぉぉぉ。なんちゅーシュートじゃ。

今朝方のLIVEだったので録画してあったビデオを観ました。
ルートがふくらはぎ怪我のため大事をとって欠場。
ルーニーとスミスの2トップでした。
前半から押せ押せ。絶好調スコールズにつられてキーンがノリノリ。
数年前の動きを彷彿とさせるミドルを2発。しかしバーに嫌われまくりました。
記念すべき50ゴールはお預けのままに。
ルーニーのファンデルサールの飛び出しを見ての絶妙ループもバーに嫌われ。
勝利の運がないかと思っていたら、スミスが気迫のタックルプレーでボールを
取り返し自ら押し込み先取点。勝利の運がないなら自ら運命を切り開くものよ!と
まるで男塾の卍丸のようなセリフが似合う男っぷり。かっこよかったです。
しかし、後半からフルアムも必死に反撃。それでもポゼッションはMan.Uだったので
1-0で逃げ切りかと思っていたら。。。やられました。
1-0が手堅く守れないとヨーロッパは制せない(byモウリーニョ)と言われるが、
いやそれ以上に攻撃こそ最大の防御を地で行けばいいわけよ。悔しいなぁ。
ええい!もう忘れましょう。前向きに。
[PR]
by manulion | 2004-12-15 01:19 | Man.U

Man.U 3-0 Southampton

昨晩のスカパーは意味もなく“稲本”=WBAの試合がLIVEで優先放送され、
首位チェルシー、2位アーセナルをLIVEで放送して枠がなくなってしまい、
肝心のMan.Uの試合はJ-SKYなんていう契約していないチャンネルで放送
されてしまいました。やっとついさっき録画の再放送を観ることができました。
稲本出ているならいいけどさ、もうちょっと考えてくれよ!>スカパーさん

さてさて、試合はMan.Uの完勝でした。
今日はルートが不在で、ルーニーとスミスの2TOP。
最近好調のギグスと完全復活のスコールズがチャンスメイクを連発。
前半序盤こそパスの意図ミスがありましたが徐々に修正。圧倒していました。

そして後半に入り、チャンス到来。
エインセがゴール前混戦の中でヘディングを粘り、リオの折り返しをスコールズが
ヘディングでゴール。これで3試合連続!!この混戦でスミスがDF2人と競って
頭を切る負傷でベリオンと途中交代のアクシデント。
スコールズがフリーになれたプレーだったから報われてよかった。

2点目はエインセの前方フィードをギグスが受け、DFの裏へ走りこみ
「よこせ!!」と合図を出したルーニーへ絶妙スルー。
トップスピードで走りこんでゴール上ネットへ突き刺す強烈なシュート!!
今日はこの他にも相変わらず鋭い振り足でのミドルがありました。
相手GKケラーの好セーブに阻まれ2点は損したかな。

3点目は、C.ロナウドから。
プレー自体は、少し反省が見られボールの持ちすぎからパスを送ろうという
気持ちが出ていますが相変わらずタイミングが読めない!!
後半のFKもケラーの指先クリアで実らず。
スコールズのミドルをGKが弾いたこぼれ球につめたがこれも上にはずす。
自分のクロスにはことごとく仲間が合わず、本人もイライラが溜まっていた
最後でやっとのゴールでした。
ゴールは、自分があげたクロスが誰にも合わず逆サイドへ流れたところで、
また独りよがりなプレーかと諦めかけたところに、ギグスから見事な折り返しが。
それを鮮やかな右足ボレーで叩き込みました。
ゴール後にみんなが駆け寄りましたが、当の本人はちっとも喜んでなかったです。
ぶ然とした顔が物語ってました。まぁ、もう少しじゃないですか。修行。修行。

今日も3-0ということで、点がとれるようになってきました。明らかな変化です。
カーリング杯でアーセナルを下し雰囲気も良し。
次節はフルアム、年内はクリスタル・パレス、ボルトン、アストン・ビラと
確実に勝ってぴったりトップを追走していきましょう。
[PR]
by manulion | 2004-12-05 17:47 | Man.U

WBA 0-3 Man.U

またまた仕事が忙しくなってアップが遅くなってしまいました。

スコールズが完全に復活です!!
先週のボレーに続きビューティフルゴール。らしいミドルの弾丸シュートでした。
ギグスの軽くコースを変えたヒールパスを受け、ドリブル。
コースが空いたところを狙ってファイア!!
併走していたキーンも含めて、やっぱり古株ベテランの活躍は嬉しい!!
ちなみに3点目もスコールズがヘディングを決めてます。

2点目はギグスのフリーキックのクロスをエインセが踏ん張ってヘッドで折り返し
ルートがヘッドで押し込む。雑誌で読んだけど、ルートの仲良しはエインセと
3rdGKのリカルドだって。ラテン系が気が合うらしい。

ギグスの去就が騒がれていますが、
この試合を見てても、いいクロスを何本も入れていました。
ジャックナイフのような切れ味鋭く速いドリブルに衰えはあるけど、
経験とあんないいクロスを入れられるのは、今のMan.Uにはないでしょ。
単年契約とはいわず責めて複数年提示をしてあげればいいのに・・・。
生ける伝説は、このままMan.Uでキャリアを終えて欲しいです。

アーセナルがリバプールに負けましたね。ラッキー!!
Man.Uが完全にガンナーズの勝ちリズムを崩しました。
しかし、チェルシーとエバートンが目障りです。
[PR]
by manulion | 2004-12-02 01:37 | Man.U

Man.U 2-1 Lyon

サー・アレックス・ファーガソン監督のMan.U1,000試合目を勝利で飾りました!!
CL5節この勝利でグループ通過決定です。

試合は録画で見ました。
フォーメーションが、4-4-2よりは4-5-1もしくは4-3-2-1気味でした。
1トップのルートがエリア内。それをサポートする感じでスミスとルーニーが2列目。
ルーニーはエリア外から厳しいコースへ弾丸シュートを放ってました。
1点目はG.ネビルが押し込んで先制。ゴール後のパフォーマンスは笑えた。
みんなでゴールネットに顔押し付けてるんですもの。

問題のC.ロナウドは及第点でした。ここのところフレッチャーの活躍を見て少し
反省したのか、持ちすぎた挙句の無理な突破に陥る前にパスが出てました。
おかげで、本当に切り込む時のフェイクが冴え、自分の前にもスペースができて
いいシュートも打ててました。まぁ敵のマークが甘いというのもあるけどね。
もう少し様子を見ましょう。

キャロルがやっちまいました。無回転のロングシュートをキャッチ損ねて後ろへ。
勝てたから問われなかったプレーじゃない?

後半から登場のブラウンがこれまたなかなかいい動き。
そして後半早い段階でルートらしい叩きつけるヘディングで2点目。
リオからの珍しいクロスでした。早くもこのCL8点目。
CL通算37試合36得点!!!すげー。。。

とりあえず、決勝トーナメント進出できてよかったです。
一方でレアルはかなり悲惨な状況みたいです。
[PR]
by manulion | 2004-11-25 01:54 | Man.U

Man.U 2-0 Charlton

来た、来た、来たーーーー!Paul Scholes!!
やっとこの男にゴールが生まれました。
フレッチャーからの絶妙クロスを、これまたどんぴしゃのお手本のような
ダイレクトボレー。いや~美しく鮮やかでした。

今日は開始から圧倒的なボールポゼッションで、スコールズもお得意の
ミドルシュートで惜しいのが何発かあったのでゴールの予感はありました。
今日の両サイドはギグスとフレッチャー。ロナウドとは違って球離れもよくFWとの
タイミングは良かったと思います。両サイドバックも及第点かな。
そして、ギグスの粘りがもたらした1点目。キーン先輩も今日は真ん中に切れ込む
ドリブルや、ミドルシュートなど久しぶりにいい動き。
やっぱりトレブル世代の3人が元気なのは何だか嬉しっすね。

ルーニーは相変わらずのキレぶり。
2点くらい入っていただろうと思う惜しいシュートも何本もあったので、
次のCL5節リヨン戦で爆発の予感。もちろん今日早めに交代したルートとの
連鎖反応もありです。・・・そういえば、この前の代表戦イングランド-スペインでは
別の意味でキレてましたね(笑)

今日はもともと実力差があるので勝って当然とは思いましたが、
スコールズにゴールが生まれていい雰囲気で23日のCLリヨン戦に臨めそうです。
リヨンはリーグ・アン無敗だって。絶対、粉砕するぞぉぉぉぉ!!!
[PR]
by manulion | 2004-11-21 00:51 | Man.U

NewCastle 1-3 Man.U

勝ちました!!
今日はフレッチャーが良かった。
明らかに、ここ数試合のゲーム展開とは違った流れを作ってました。
今Man.Uに欠けている、精度の高いクロスとポジショニング。
私が知っている自信のなく頼りない彼ではなかったです。
今日の中盤は頻繁にポジションチェンジをしてたけど、フレッチャーは意外に、
センターハーフもいけそうと思いました。キーン先輩とのコンビもまずまず。
キーン自身もゆとりのある対応ができていたと思います。

それから、敵ながらあっぱれのニッキー・バット。
中盤でのポジショニングとディフェンス効いてましたねぇ。
イングランド代表ではエリクソンに重宝されるのがわかります。
好きな選手なので、これからもがんばって欲しいです。

でも、やっぱりルーニーですな~。1点目はニステルローイとスコールズが、
DFをひきつけてぽっかり空いたスペースへ進入、フレッチャーの右後ろからくる
クロスをダイレクトボレーで左サイドネットへ流し込む。
軽~く、やってのけてますがス・ゴ・イ!!
試合全般を通しても、基本的に当たり負けしない体躯なのでキープ力もあるし、
スコールズが倒されるPKの元を作ったループシュート。
ニステルローイのシュートのはね返りを決めた反応の良さなど。
不可欠な存在、エースとしての存在感出てきました。もっと成長してくれBoy!

それに比べて、C.ロナウドの不甲斐ないこと。。。。
キープ力もないし、相変わらずの球出しの遅さ、クロスの正確さが欠ける...
悪いところばかりが目立ちます。ファギーは実戦で鍛えようという親心でしょうが、
しばらくは、スミスの方が無難だと言わざるを得ません。
独善的なスタイルを捨て、広い視野を持ってクロスの精度があがれば、間違いなく
不可欠な選手になると思うのですが・・・開花は来シーズン以降かな。
トップのチェルシーとは11差。明るい材料が多かったのでまだまだいけるっしょ!!
[PR]
by manulion | 2004-11-16 00:44 | Man.U