マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

カテゴリ:Man.U( 59 )

Man.U 1-0 Fulham

年度末ということで、午前帰りの日々が続いてます・・・。
ろくにブログを開くこともできてません。(閉口)
この3連休も土曜日は出勤でした。

久しぶりに更新します。
狙うは、FA杯のみとなったMan.U。セインツ戦は4-0で完勝。ベスト4に。

今週のプレミアはフルハム戦。
試合前に、2月度の月間最優秀選手にルーニーが。最優秀監督にファギーが
選ばれてMan.Uからダブル受賞という珍しい記念写真撮影光景が。微笑ましい。

しかし、この試合の主役はC.ロナウド。暴れまくってました。
フルハムはいつもMan.U戦はいい試合をするのですが、元気がなかったです。
要のマルブランクの調子に大きく左右されるのでしょうか?
それにしても、ロナウドのミドルは素晴らしかったです。
彼の決定力があがってくれば、コンスタントに得点できて楽に試合が決められる
のですけどね・・・。

鼻骨骨折のギグスに代わり、フォーチュンがスタメンに定着していますが
なかなかこれもいいですね。あとはルートに得点が入ってくれば。
FA杯は絶対欲しいです。
[PR]
by manulion | 2005-03-21 23:56 | Man.U
今CXの『すぽると』を見ていたら、
チェルシーが移籍交渉クローズ後に、アーセナルのA.コールに接触していることが
FAにバレた件の最終結論がまもなく出るとの事。
本当に勝ち点剥奪になるのかな?
[PR]
by manulion | 2005-03-15 00:59 | Man.U
朝早起きして観ました。
ミランのホーム(サン・シーロ)でのCL決勝トーナメント2ndLeg
1stLegで星を落としているMan.Uは勝ちが絶対条件でした。

試合はアウェイながら、開始10分は何か予感させるプレーを披露。
しかし、試合巧者ミランは鮮やかなカウンターを見せる。
前半8分セードルフがドリブルで持ち込んでリオをひきつけてから
絶妙のスルーをクレスポへ。シュートは本日スタメンのハワードが見事にセーブ。
GKいけるかも!とちょっと安心。

その後は、徐々に中盤の支配権をミランが握るような展開。
カカ、ルイ・コスタ、ピルロ、セードルフといった強力なメンバーは伊達じゃないです。
さらに、決定的な違いはミランの中盤でのゾーンプレスの嵐。
Man.Uは自由にボールキープもままならず。ガットゥーゾが本当にいやらしい。

そんな中でも前半28分ピルロのパスミスをインターセプト。
ファンニステルローイが左から走りこむギグスへキラーパス!!
ギグス得意の角度で左足シュート!ジータが見送ったボールはファーポストに
わずかに嫌われチャンスが不意に。
前半40分には、キーンがゴール前にクロス。ネスタの裏にまわったルーニーが
ヘッドで折り返し最後はルートへ、しかしゴールならず。
カカのシュートがバーに嫌われる場面もあったのでお互い様か。
前半は0-0で折り返す。

後半は、中盤の支配率はますますミランへ。
そんな中、ギグスにアクシデント。ガットゥーゾの肘が鼻に入り鼻血が止まらず。
フォーチュンと交代。ギグスが良かっただけにもったいない!
カウンターを狙うMan.Uに対して、ミランのベテラン達は慌てず対応。
なんだか大人と子供という感じになってきました。
そして60分疲れを知らぬ、右SBカフーが何度もチャンスを作ってたゴール前に
再び切り込みセンタリング。これをクレスポが下がりながらヘディングシュート。
するとボールは無情にもサイドネットへすいこまれゴール!やられました。
ハワードのせいではかわいそうなコースだったと思います。

その後、守りを固めたミランを崩すことはできず試合終了。
1stLeg欠場したスタムもいい動きしてました。
ベテラン揃いのメンバーが魅せたサッカーは大人な感じなんですかね?
カフーには余裕すら感じました。ロナウドと小競り合いの場面もありましたが、
笑顔で対応する様は本当に経験の差を感じました。

まぁまた来年がんばりましょう!
ロナウドとルーニーの成長を期待してリベンジを誓ったのでした。

他のプレミア勢
チェルシー、リバプールが勝ち抜け。
アーセナルは1stLegの失点が響き敗退。
[PR]
by manulion | 2005-03-10 01:40 | Man.U

Man.U 2-1 Portsmouth

いまさら先週のプレミアレビュー。ルーニーが久しぶりに覚醒してくれました!!

CL1回戦のミラン戦(ホーム)を落として嫌な感じの上に、前回の試合では
負けているポンペイ戦。不安な感じを抱いたまま試合開始。
ルートのカムバックで、ルーニーとの2TOPでスタート。
早々にその不安は解消されました。

G.ネビルの右からのクロスを敵DFと競りながらちょっと前で右足ボレー。
高度なことを難なくやってのけるルーニー恐るべしです。
後半早々に同点に追いつかれますが、リオがさがったので仕方ないのか。
おおっ!と思ったのは、次のCL2ndLegに光明をみせたルートのポストプレー
DFを背負いながら絶妙なタイミングでルーニーへ強く速いグラウンダーのパス。

ルーニーもしっかりトラップしながら、ペナルティエリアへ進入。
GKの動きを見ながらうまくゴールへ押し込む。今度は技ありゴール!
ルートーとルーニーの2人の役割分担がもしかしてCLの逆転を呼び込むかも。
ひそかに期待しようっと。
[PR]
by manulion | 2005-03-05 02:22 | Man.U

Man.U 0-1 AC.Milan

ビデオで観ました。

ホームでの負けはきついっす。
キャロルめ!!しばくぞ。セードルフのシュートは確かは無回転の強烈なもの
だったが、真正面なんだしキャッチしなきゃ。
クレスポにアシストしてる場合じゃないぞ。CLを制覇するチームのGKレベルじゃ
ないということですね。トホホ。

開始早々は非常にいい感じで攻めることができてました。
特に最近好調のフォーチュンが何度かチャンスを作ってましたし。
期待は持てたものの、徐々にボールポゼッションがミランへ。
ここ最近こんなに、プレミアでボールを支配されたゲームは記憶にない感じ。
実力の高さを感じました。1人1人が少ないタッチでどんどんはたく。

センターのピルロへのマークが完全に甘かったと思う。
常にフリーにもたせることが多かった。これは改善しないと次はもっとやられる。

それから、今回の誤算でスタムが試合開始直前でハムを痛めてカフーが出たこと。
エインセとのマッチアップ、結局最後までカフーをやっつけられませんでした。
本当は、敵ロートルDFをロナウドとギグスで翻弄するシナリオを考えてましたが、
これも決定的には崩せず。いい形はしばしばあったんだけどね。

責めて、ルートがカムバックしてくれたのがわずかな希望の光か。
去年の例もあるので、サッカーは何があるかわかりません。
サン・シーロで奇跡の逆転もあるさ!?
[PR]
by manulion | 2005-02-25 03:05 | Man.U
今日はManchester Derby。Man.Cはチェルシーやアーセナルと互角以上の
戦いをしてきている嫌な相手。特に、昨シーズンは、S・ライト・フィリップスにいいよう
にやられた忌まわしい思い出が。

Man.Uは、前試合レッド退場のシルベストルに代わってブラウンを先発。
キャロル、G.ネビル、リオ、ブラウン、エインセ。センターに3人、オシェイ、キーン、
スコールズ。両翼になんとフレッチャーとフォーチュンという珍しい形。
1TOPはルーニーというスターティングでした。
もちろん、ベンチにはギグスとロナウドは入ってました。展開に応じて投入予定と
いうことで、できるだけ温存したい意向が強くでてました。

今日も出鼻からライト・フィリップスに好機を作られましたが、マクマナマンが外して
くれたりと運を味方に。キャロルのファインセーブもあったかな。
試合はDerby特有のなかなか点が入らない、中盤がだれることがしばしばの展開。
また、オシェイが相手と競ったときに後頭部の延髄を激しく強打され途中交代に。
C.ロナウドを投入。徐々にペースをつかむも、前半は0-0のまま折り返し。

後半に入って、中盤を元気よく走り回っていたロイ・キーンから、この日初めて
右サイドにスペースができたところに走りこんだG.ネビルへすかさずキラーパス。
そしてゴールポストニアーへの低い折り返しに、DFの背後から走りこんできた
ルーニーが合わせてやっと先制!!確かに、Man.Cディフェンダーのダンに
ディフレクションもしましたが。
そして2点目は、これまたスローイングのボールをルーニーが受けて絶妙のクロス
を送るとMan.C DFのダンが痛恨のクリアミスで無常にもボールはネットへ。
ダンにとっては今日は本当に厄日だったと思います。
勝ち点3を着実にGetしました。しかし、チェルシーは昨日もエバートンに競り勝ち、
点差は9のまま。まだまだ追走しまっせ。

23日のCL1回戦に、スミスもファン・ニステルローイも復帰とのこと。
どうでもいいことですが、今日途中交代のギグスはタイツを履いていたのか、
両足が真っ黒でした。やはり歳には勝てないかライアンよ!!
[PR]
by manulion | 2005-02-14 00:51 | Man.U

Man.U 2-0 Birmingham

続く、Birmingham戦は、録画のArsenal戦を見た後だからか、なんか試合の
緊迫感に落差がありすぎて楽勝できるんじゃなかという錯覚が。
ということで、この試合は、ノートPC(次のブログに書きます)のセットアップを
しながら観戦ということであんまりしっかり見てませんでした。

予想通り、試合開始からMan.Uの圧倒的な猛攻で得点は時間の問題かなと
思っていたら、いつものごとくゴールが近そうで遠い状況に。
逆に、相手デポルから移籍してきたFWパンディアーニのシュートがクロスバーを
直撃。真下にはね返ってゴールラインを割っていましたが結局ノーゴール判定?
また疑惑??ビデオ判定の導入はどうなったんだっけ???

そんな中で特筆は、ついにわれらがキーン先輩が通算50得点目をゴール!
軽いステップワークでペナルティエリア内に入りサイドネットに突き刺す先制弾。
まだまだやれまっせ先輩!おめでとうございます。
それから、昨日が20歳の誕生日だった好調ロナウド君が、相手DFの不用意な
GKへのバックパスに反応。
詰めてGKに当たったディフレクションボールをルーニーがうまくゴールへ押し
込むお膳立てをしてくれました。終わってみれば2-0で順当勝ちでした。

最後に、トップを独走するチェルシーにアクシデント発生!
攻撃の要、左サイドのロッベンが負傷とのこと。これは痛恨ですね。
ロッベン復帰とともに今の快進撃があり、ダフが左をカバーできるとしても右は??
開幕当初のがちがちに守って守って守り抜く戦法へ逆戻りするのかな。
Premierは貯金がいっぱいあるからいいとしてもCLバルサ戦にいないのは
厳しいですな。天はMan.Uにもわずかながら味方してくれるのかなぁ・・・。

それから・・・1/31でジェンバ・ジェンバがアストンビラに移籍したんですね。
知らなかった。
[PR]
by manulion | 2005-02-07 00:05 | Man.U

Arsenal 2-4 Man.U

久しぶりの更新になってしまいました。
仕事が慌しくてブログを開くこともしてませんでした。すんません。
その間、Man.Uネタは宿敵Arsenal戦と、昨日はBirmingham戦がありましたので
続けてアップします。

2/1早朝ということで、目覚ましをセットしてたが起きれずビデオ録画に。
そのビデオのチェックも結局この週末までできなかったので、結果を知らないように
yahooとかだるにーさんのブログも一切見ないことにしてました。
で、やっと昨日Birmingham戦前に観ることができました。

敵地ハイバリーに乗り込み、完全アウェイの緊張感が伝わってきました。
入場前の通路では、ヴィエラとロイ・キーンの口論の様子が映ってました。
キーン気合い入りまくり。怖ぇー。

フォーメーションは、いつものDF陣に、CHフレッチャー・キーン・スコールズ
両翼にロナウド・ギグス、ルーニーの1TOPという 4-5-1。 
試合は、序盤からアーセナルの流れるようなパス回し。
ポゼッションが高く主導権を握られる展開。
しかしボールの奪い合いはこのチーム同士ならではの喧嘩に近い激しさ。
そして早くも前半8分、ヴィエラがエインセのマークを押さえ込んでヘッドで先制(8分)
その後も中盤でセンターの3人がボール奪取を試みるもなかなかキープできず。
しかし、相手のミスからカウンター、ルーニー→ギグスであっさり同点(18分)
アーセナル戦にめっぽう強いギグス。頼りになります。
しかし、それでも相手にはベテランのベルカンプがいました。
アンリからの絶妙スルーに抜けて角度のないところからキャロルの股抜きシュートで
突き放す(36分)前半はそのまま2-1で終了。

後半も、アーセナルが相変わらず高いポゼッションを維持。
しかし、前半リュンベリの対応に追われていたエインセが徐々に封じ込めに成功。
疲れも出てきたか?さらにカバーリングも冴えるようになってきました。
チャンス到来。54分キーンの中央キープからルーニー・ギグスと素早くまわして
最後はC.ロナウドに。角度のないところから決めて同点。
続く58分には、またもキーンがピレスを止め、素早く前方のギグスへ。
ギグスがヴィエラを振りぬきGKが飛び出してきたところで右足で折り返し、
C.ロナウドがボレーであわせてついに逆転!!!
ついにロナウドが当たってきました。この2試合で4得点。
いよいよ開花して恐い選手になってきたかな?20歳おめでとう。

逆転後は、やや下がり目で中盤を固め、ボールを奪ってはルーニー・ギグス・
ロナウドで攻めて、疲れの見えてきたアーセナルを翻弄。
シルベストルの一発レッドというアクシデントもあり10人になりましたが、
これにもオシェイ・ブラウンを投入してクリア。
逆に後半終了間際89分には、エインセの攻め上がりから、サア、スコールズと渡り
途中交代で入ったオシェイが風貌に似合わず冷静なループシュートを決めて
駄目押しの4点目!!
宿敵アーセナルに優勝諦めの引導を渡す直接対決でした。いやー満足です。
[PR]
by manulion | 2005-02-06 23:37 | Man.U

移籍話題その他・・・

premier Highlight Reel blog から
このブログは、もともとWinningElevenの攻略サイトで「WE Holic」って
言ってました。1年位前に一度閉めて、Premier情報サイトに生まれ変わりました。
そして、気がついたらBlogに進化してました。

さてさて、
Man.UのGK問題ですが、候補だったボロのシュウォーツァーが契約延長とのこと。
キャロルの契約更改の話も頓挫しているなかで、逆に浮上してきたのが、
ベンフィカのGKホセ・モレイラだって。
逆にクレベルソンをベンフィカが狙っているということなので移籍トレードか?

知らぬ間に、エバートン躍進の立役者トーマス・グラベセンがレアルに移籍だと。
びっくり!契約更新話が進んでなかったから移籍金を狙って売っちまったようです。
おいおい、トフィーズそんなので大丈夫か!?

冬の移籍市場あと1週間。さぁ、どうなることやら。
[PR]
by manulion | 2005-01-24 00:52 | Man.U

Man.U 3-1 Astonvilla

勝ちました!!
今期、勝ち点50となりアーセナルの試合が明日ということで
2位(暫定)となりました。

G.ネビルが復帰。DFはベストメンバーでスタート。
リオのドレッドヘアスタイルが変わってるー。ちょっと・・・キモいかな・・・。
中盤は先発が予想されたギグスがリザーブにまわってフレッチャーが先発。
キーン、スコールズ、C.ロナウド。ルーニー、サアの2TOP

今日はスタートからルーニーとロナウドが自由に動き回り、
開始早々8分にサアのスルーに斜めに走りこんだロナウドが鮮やかに先取点。
その後もロナウドがキレキレ。なんだかボールキープも適度になり、
ドリブル、パス、シュートと今日はいい存在感を出してました。

サア、ルーニーも攻撃に絡んで後半は得点ラッシュな予感を残して前半終了。
そのまま楽勝かと思っていたら後半開始早々試合に変化が。
ルーニーに、どフリーのチャンス到来!と思ったら右足アウトでのトラップが
痛恨のミス!!逆にヴィラに試合の流れが傾き、高めの位置でボールを
奪われ速攻に。DF陣がバタバタしている間に同点に追いつかれた。
これで8試合連続シャットアウトもパーに。

イヤーな流れが出てきたところを断ち切ったのが、後半24分ルーニーの折り返しに
サアが左足をうまく合わせての突き放しゴール!!
続く1分後、本日絶好調のロナウドのドリブル&シザースフェイントからゴールに迫り
強烈なミドルシュート。微妙に変化したため相手GKソーレンセンがファンブル!
そこに詰めていたスコールズがヘディングで押し込み3-1とダメ押し。
これで試合は決まりました。

ミッドウィークにFA杯(エクスター戦)の情けない試合内容に、
自分の19年のMan.Uキャリアで最低の出来だったと怒り心頭のファーガソン監督
だったようなので勝ててよかったです。
しかし、首位チェルシーはポーツマスに3-0で順当勝ち。勝ち点差11は縮まらず。
アーセナル明日負けてくれないかな・・・。。。
[PR]
by manulion | 2005-01-23 02:35 | Man.U