マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

C.ロナウド!存在感あるね

昇格組ストークシティをホームに迎えての一戦。

※試合のハイライト動画はココをクリック

体調不良でルーニー、怪我でリオを欠くスタメンだが、
格下相手だし、今、完全復調の兆しが見えているC.ロナウド#7がいれば、
全く問題はないはず。


予想は的中。
開始数分で、ロナウドが得意の無回転ボールFKを叩き込んで先制。
そして記念すべきユナイテッドでの公式戦100ゴール目というメモリアルに。


リプレイを見るとGK正面なので簡単そうにキャッチできるように見えるが、
相当揺れて、落ちてくるように見えるんでしょうね。


その後も、圧倒的なボールポゼッションで攻めまくる。
そして、やっぱり決定機はロナウドが演出するのがこのチームの
エースになった証拠。


前半終了間際には、キャリック#16へキラーパス。
キャリックもDF3人がいるところを、うまくコースがあいた瞬間を狙いすまして
ミドルシュート!待望の追加点が入る。


後半もテベス→ベルバトフのボレーで3点目。
ベルバトフがトラップミスしてボールが跳ねたが、反転して素早くボレー。
さすがストライカーです。

しかし、先発で結果を残したいと焦るテベスは今日も何度かの決定機で
決められず途中交代に。ちょっと切ないです。
少なくともベルバトフとのコンビはまだまだです。


代わりに入ってきたのが、ダニー・ウェルベックわずか17歳の少年。↓
b0015910_021698.jpg

勇猛果敢なアタックで豪快なロングが決まり4点目。
若手の登場は微笑ましいが、この男がいきなり結果を出してしまいましたから、
さらにテベスは切ないはず・・・。



興味深かったのは、そのシュートが決まった後に、ベンチの様子を映した映像で
ファーガソンが、しっかりテベスに何やら言葉を耳打ちしていた姿でした。
言葉をかけられ、テベスにも笑みが。やっぱフォローしてんだね。058.gif


指揮官のこういう気配りが、おそらく選手を生かすんでしょうね。
まだまだテベスはこんなもんじゃ終わらないはず。


きっかけを掴んで欲しいです。。。クラブW杯で日本に来たら、何か変わるか?


そして、試合終了前に、ほぼペナルティエリア正面でキャリックが
ファールを受け再びFKのチャンス到来。


またしても、ロナウドが魅せてくれました。
今度は壁を前にしたため、蹴り方を変えて
壁の横を巻くようにゴール右隅へ今日2発目を叩き込んで5点目。


いや、凄かったです。7番の後姿に頼りがいがあるなぁと感じてしまいました。
試合は0-5の圧勝でついに3位へ浮上しました。(消化は1試合少ないままで)


なんだかんだ言っても、ロナウドが決定機に絡む機会は多いし、
しっかり結果も残す。(この辺が、テベスとは違いところかな・・・)


今はルーニーと共にユナイテッドの大黒柱になったということ。
存在感出てきたなぁ~。

惜しむなら、あとはユナイテッドに対する“愛”053.gifを感じられるかどうかですね。
スペインへの移籍をせず残留するなら、年俸UPも用意しているようです。


ちなみに、彼の給料知ってます?
週給12万£(=¥20,000,000弱)1週間ですよ!あり得ない!!はぁ~。
[PR]
by manulion | 2008-11-17 02:12