マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

2冠から08-09シーズンへ

実に1年2ヶ月ぶりの更新です・・・

07-08は、プレミアリーグ連覇&9年ぶりにCL制覇!
念願のビッグイヤー獲得という文句なしの歓喜のシーズンとなりました。

特に、C.ロナウド#7 の歴史刻まれる大活躍ぶり
(WGなのにリーグ31点、CL11点の計42Goalって!ありえん。)

 ・ゴール嗅覚(右足でも左足でもよし)
 ・FKがキレまくり(無回転で落ちるボールに磨き)
 ・意外に高く強いヘディング

もちろん、前線の2枚、ルーニー、テベスが動きまくって
スペースを作ってあげてるわけだが、それでも神懸り的パフォーマンスでした。

↓↓C.ロナウドの活躍をまとめた動画はこちら↓↓


しかし!!
OFFシーズンに、このロナウドがレアルに移籍騒動が勃発





ファンとしてみたらせっかくの伝説的活躍が何だかねぇ・・・と思ってしまうような
印象を残してしまったのは残念な話です。
ユナイテッドの“7番”を背負っている自負はない奴なんだということが判りました。

顛末として、なんとか、ファギー爺の説得によりとりあえず残留を決めたものの、
来シーズンは結果的にレアル移籍では?と言われる疑惑を残しているので
彼は昨シーズン程の活躍は期待できないような気がします。
あるいは、それをもプレイで黙らせるのかな?

さて、、、

早いものでプレミアリーグは08-09シーズンが開幕して、すでに7試合消化。
わがユナイテッドは、4勝2分1敗。他チームより1試合消化が少なくて現在4位。
スタートダッシュはいつも苦手なのでまぁまぁでしょうか。

特に、今シーズンは大黒柱ルーニー#10が絶好調なのが何より嬉しい俺です。

昨年はとことんチャンスメークに徹した点では貢献度合いは高かったものの、
FWとしての得点感覚はなりをひそめてました。今シーズンは再び野獣のような
アグレッシブさが戻ってきて体もキレキレです。ここんところ3試合連続得点。
イングランド代表でも替えのきかない絶対的エースに君臨しています。

彼の出来次第でチームの命運も決まってしまうと言っても過言ではない状況です。
今シーズンはこの男の一挙手一投足に注目です。

おっと、忘れてはいけない!
スパーズから60億の大金で獲得したFWディミタール・ベルバトフ

b0015910_4333327.jpg

彼のフィット具合はまだまだ。つまりまだまだ伸びしろがあるってことで、
連携が合ってくれば恐ろしいほどの攻撃陣となりえます。
プレミア3連覇も夢ではないね。CL連覇したチームはいないというジンクスも破って
もらいたいものです。

GLORY,GLORY! Man.United!!
[PR]
by manulion | 2008-10-19 04:14 | Man.U