マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Arsenalの無敗記録止めた!! (Man.U 2-0 Arsenal)

やった!やりました!!
わがマンUが宿敵アーセナルとの直接対決に勝ちました!
これで、一昨年から続いていたアーセナルのプレミア無敗記録を
49試合で止めました。やはり止めたのはマンUだったわけです。

しかし、この試合のMVPは明らかにリオ。
まさしく強靭な壁となり、アーセナルの怒涛の攻撃を防いでました。
何度救われたことか!キーン先輩が風邪で欠場したキャプテンとしての
重責も見事に果たし、チームのまさに大黒柱しての働きぶりでした。脱帽です。
もうひとつは、この試合(10月24日)が19歳の誕生日だったルーニーの強運
すぎる強運でしょうか。

1点目となった、ルーニーがもらったPKは、あれはキャンベルも
納得いかないだろうね。ビデオで観るとうまくもらったなぁと思ってしまいます。
彼はやはり“悪童”でした。
まぁ、その後にあったC.ロナウドがA.コールに刈られていたのが
流されたから相殺されたと思えばいいわけだけどね。
それを、前半からストレスが溜まりまくっていた、ニステルローイがうまく決めて1点。
昨シーズンの直接対決で、PKを外していたからこれで悪夢が払拭できてルートは
大喜び。たたでさえデカイ口を大きくあけて雄叫びをあげてました。まさにウマ。

2点目はアーセナルの猛攻に耐えに耐えた後半ロスタイムのカウンター。
途中交替のサハとスミスのパス回しから、最後の折り返しに飛び込んできたのが
やはりルーニー!今度は自ら誕生日を祝う記念すべき移籍後プレミア初ゴール!
やっぱりアンタはタダ者ではないよ。

しかし!!今日も決して試合内容は手放しで褒められてものではなかったです。
今日のようなパスワークが激しい戦いでは、残念ながらギグスの切れ味に
顕著な衰えが鮮明に出てしまっていたのと、C.ロナウドのリズムがやはり前線と
合っていない場面が多く目についてしまいました。両サイドが前線にボールを供給
できなきゃ得点力もあがるはずないですね。早くも1月の移籍で誰を取るかなど
の話題も出てました。収穫としては、センターはスコールズとP.ネビルで結構
いいんじゃないかと思ったことかな。

とにもかくにも、とりあえず嬉しいから今日はうるさいことはいいか。
万歳!マンU 勝点差8。トップ狙えるぞ。GO!GO!
[PR]
by manulion | 2004-10-25 03:26 | Man.U