マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Man.U 1-1 Middlesbrough

うーん。リーグ戦はなかなか勝てません。ボロと引き分けました。

堅守のボロとはいえ、ホームゲームだしルーニー効果で楽勝と思っていたけど
今日はセンターハーフが2人とも駄目でした。先発はキーン先輩とオシェイ。
どう考えてもオシェイのDHはやっぱり無理でしょう。
前向いてプレイできたのは何回さ?
スコールズがケガとはいえ、クレベルソン、ジェンバ・ジェンバの
選択があるわけだし、なぜ、奴をこのポジションで使い続けるのだファギーよ!
キーン先輩も、今日は体に切れがなく得意のボール狩りができず。
自分の不甲斐なさに怒ってました。やはり年齢には勝てないのか。
それからトップの、ルートとルーニーもCLの疲れかプレイの切れはいまいち。
中央がそんな感じだから、ビルドアップが落ち着かない。

好材料は、やはりスミスが“勝負師”だったこと。後半途中交替出場にもかかわらず
同点のヘディングシュート。クロスを上げたロナウドも好判断だったけどね。
いや想像どおり苦しいところでの切り札的存在になってきたのは実に頼もしい。
それから、C.ロナウドが何回も決定的チャンスを演出できていたことかな。
DFサウスゲイトとGKシュウォルツァーのファインセーブに何度もやられましたが。

話がそれますが、解説の東元さんが話していたこととしては、
1.冬の移籍で、ブラウンの放出が濃厚とのここと。
2.GK獲得構想の一環で、このシュウォルツァーがボロとの契約更新が破談中と
  いうこともあり関心を寄せているらしい。

でもでも、やっぱり消化不良の試合内容でした。
アーセナルとの直接対決まであと20日。
[PR]
by manulion | 2004-10-04 01:48 | Man.U