マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

うわさのジャポネ

会社はオフィス街に位置するため、昼飯には事欠かない。
しかし、ネットで知ったこの店は本当にスゴイ。

“スパゲッティとカレーの店 ジャポネ”

住  所:東京都中央区銀座1-2 銀座INZ3
電話番号:03(3567)4749
定休:日曜・祝日
営業時間:10:30~19:30(土 ~15:00)

何がスゴイって、『ラーメン二郎』 のような中毒性を持っている店なのだ。
共通項は以下↓のとおりだ。

・値段が異常に安い ¥500ぐらい
・量が半端じゃない多さ 並ですでに一般の大盛り
・なぜか美味い! (クセになる)
・リピーターが多く、大行列をなしている

スパゲッティ屋ではあるが、イタリアンなお上品なパスタを想像してはいけない。
麺の太さはうどんのようなもの。
そう、名古屋で著名な“あんかけスパゲティ”(ヨコイ@栄)と同じである。

そして、ボリュームは、並ですでに恐らく一般の店の大盛以上。
しかし値段はこれがまた激安! 並でたったの¥500~550。

面白いのは、量の呼び方。 並 → 大盛(ジャンボ) → 横綱 → 親方 → 理事長
他サイトで調べてみると、並を1とすると、大盛2倍、横綱3倍、親方4倍、理事長5倍という
計算だそうだ。大盛の重量が560gという驚愕の情報も発見した。。。

メニューは、醤油や塩をベースのものがほとんど。日本人好みに作られています。
あとは、ナポリタンやザーサイが入っているチャイナ。スパゲティにカレーをかける
インディアンなるメニューもあります。

b0015910_1181581.jpg

b0015910_1184322.jpg


作り方を見ていると、これが非常に単純。
道具はフライパンのみ。
マーガリンかバターかをフライパンに入れて熱し、
あらかじめ茹でられた、麺をわしづかみにしてフライパンに放り込む。
秘伝の水?と各種調味料を入れて、しばらく炒める。

職人Aが下味を確認したら、隣のコンロに移動させる。
最終の味付け確認と仕上げを職人Bがして、盛り付け。
空いたフライパンは、洗わずに焦げをヘラでこすり落とすだけ。

たったこれだけで、数々のメニューを作る。しかもどれも驚くほど美味い。
まさに、魔法のフライパン。
美味いというか、病み付きになる味付け?やはり二郎のようだ。

一番人気は、恐らく「ジャリコ」 醤油味に大量の紫蘇(シソ)が効いてます。
私のオススメは、昔懐かしいケチャップ味の「ナポリタン」or「明太子」

会社の部署のメンバーでたまに行きますが、皆すでに大盛(ジャンボ)を食べてます。
前回、はじめて明太子の“横綱”に挑戦して完食しました。。。

詳しくはこんなサイトに写真とメニューが詳しく紹介されています。参考にどうぞ。
[PR]
by manulion | 2006-02-26 21:32 | Foods