マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

今日はちょっと音楽の話。

今年は、天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト生誕250年にあたります。
クラシック業界はモーツァルトイヤーということで、様々はイベントを開催しています。

今年注目のイベントとして、GW5/3~5/6に有楽町の東京国際フォーラムにて行われる

★ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン La Folle Journee au Japon 2006

b0015910_12592660.jpg

「熱狂の日」音楽祭というイベントがあります。
その特徴をWEBから抜粋しますと・・・

・朝から終電間際までまるまる3日間クラシック漬け!
・東京国際フォーラムにある8つの会場で、朝から夜遅くまで
 同時に次から次へとコンサートを開催。
・各コンサートは約45分間とし、聴き手を飽きさせない。
・東京の中心部がまるまる[音楽の島]になる。
・第ニ回のテーマは「モーツァルトと仲間たち」。
・周辺エリア (大手町、丸の内、有楽町、銀座) でもプレイベント等を開催し、
 100万人の人々に音楽の楽しさを提供する。
・世界最高水準の演奏をまるまる破格の料金(1500円程度)で! 
 家族揃って聴きに行ける。
・世界各地から、著名なアーティストが集合。 同時に、日本の一流アーティストも参加!

まぁ、要するに、音楽を手軽に、誰でもが楽しめる、お祭りみたいなイベントです。

どれだけ敷居が低いかというと、クラシックのコンサートでは絶対タブーとされる、

・未就学児童の入場
・12歳以下の子供の入場

が、3歳以上なら18:30までの公演は全て観ることができるとか、
もっとすごいのは、0歳でもOKのプログラムがあるんぐらいです。

実は、かくいう私も実はプレイヤーで出ます。
お金を払って聴くところに登場するのは、もちろんプロのプレイヤーたちですが、
このイベントでは、例えば展示スペースや、待合スペースなどでも生演奏が常に
流れているという仕組みがあり、そこではアマチュアにも演奏の機会が与えられていて、
私の所属している、室内楽オケも出演が決定しました。(日時はまだ未定)

でも、最終日5/6(土)は出番が無いので、10ヶ月の娘を連れて3人で行こうと思い
0歳からのクラシックコンサート ↓のチケットをGETしました。

5月6日♯ホールA 10:00~

《出演》
工藤重典:フルート
吉野直子:ハープ
トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ:オーケストラ
沼尻竜典:指揮

《プログラム》
モーツァルト『歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲』
モーツァルト『フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調』
モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲 ハ長調』

公演によってはもう完売のものもあるようです。詳しくは、チケットぴあ他でチェック!

最後に、やっぱりこれもベタですが、予習をかねて改めてチェックしておきましょう。
モーツァルトの生涯を描いた 映画 『アマデウス』 です!
b0015910_1304989.jpg
[PR]
by manulion | 2006-02-26 13:03 | Music (Violin)