マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Rooney! Rooney!! Rooney!!!




いや~、千両役者とはこのことよ!と久しぶりに思ってしまった
ウェイン・ルーニーの衝撃的なMan.Uデビュー戦でした。
CLグループD第2節フェネルバフチェ戦。
ホームのオールド・トラッフォードは本当に“夢の劇場”と化しました。

怒涛のゴールラッシュ!
クレベルソンからのクロスにギグスのヘディングシュートがきわどいコースに決まる。

そして、記念すべきルーニーの1点目。
ルートからの縦スルーに反応して左足を振りぬく。
ポジショニング、飛び出しのタイミング、シュートの威力、全てがパーフェクト!
Man.U初得点。ヨーロッパカップ戦初得点。ブラボー!

立て続けにルーニーの2点目。ギグスのパスからひとつフェイクを入れて
ペナルティエリア外から鋭く右足を振りぬき強烈なシュートを
左サイドネットに突き刺す。シビれる~!!

圧巻は、ルーニーの3点目。
ゴール正面25mくらいでFK。誰が蹴るかなと言っていたらベッカムを彷彿とさせる
右足での壁を越える美しい放物線でFKを沈める。離れ業でハットトリック達成。
なんて奴なんだ!!!

後は、いつも雑なプレーが多い、フレッチャーから高精度なクロスがルートの胸へ。
うまくトラップで落としたルートが至近距離シュート。
最後は、ベリオンが手をあげて待つフリーのルートを無視してゴール。
最終スコアは6-2でした。

これで1勝1分としたわけですが、今日はルーニーの凄さに完全に脱帽するとともに
新生Man.Uがスタートした記念すべき日でした。
そしてここから今再び“最強伝説”はスタートするのだ~。
いくぜ!ヨーロッパNo,1!!
[PR]
by manulion | 2004-09-30 01:15 | Man.U