マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

闘将ロイ・キーンがマンUを退団

嗚呼、なんてあっけないんだ・・・。
ニュースを見たとき、普通に思ってしまった。

我らがキャプテン、闘将ロイ・キーンがついにマンUを退団することになったとのこと。

b0015910_23474697.jpg

93年ノッティンガムフォレストからの移籍以来、12年間に渡りマンUの黄金期を支えた
いわば“顔”の一人。ファギーからの信頼も厚かった。

私は、正直彼に憧れてました。
強烈なキャプテンシー、闘将の異名のごとき熱いプレー(敵・味方関係なし)、DHとしての
ボール狩りの巧さ...etc

そして、キャリアの絶頂で迎えた02年W杯。
アイルランド代表の主将としてのキーンを観たかった・・・。
予選のオランダ戦は本当に彼がいたからこそ勝ったような試合。凄かった!

今思えば、それ以降は彼にとって災難の連続だったと思う。
暴露本騒動、臀部の手術、老いとの闘い、そして9月に骨折。
堕ちたキーンは正直見たくなかった。

今期限りで退団という報道は聞いていたが18日付けでとは、寝耳に水!
MUTVでのフレッチャー他若手の批判が引き金になったらしい。

これで、またマンUの一時代が終焉した感じがしました。
こんな調子で、ギグス、スコールズ、ネビル兄も退団する日がそう遠くないんだろうな・・・

やっぱりむちゃくちゃ寂しいです・・・
[PR]
by manulion | 2005-11-18 23:49 | Man.U