マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Man.U 1-0 Aston Villa

いや、いいですねぇ~。今期は久しぶりに強いマンUが帰ってきたね。こりゃ。

Week2 オールド・トラッフォードにAstonVillaを迎えてのホームゲーム。
観客はらくーに6万7千強!!
Villaには、移籍したジェンバ=ジェンバがスタメン出場してました。



マンUの先発は、開幕と同じフォーメションでした。
4-3-2-1というか4-3-3? 左SBにオシェイ 3トップ左にパク・チソン。
2試合連続のスタメンです。

試合は前半から、速いショートパスの交換を魅せるマンUの猛攻。
フレッチャー、スコールズ、ルーニー、パクが素晴らしいパフォーマンス。
27分には、パクが左45度からミドルも放つも相手GKセーレンセンのファインセーブで
初ゴールならず。以降、今日のセーレンセンはまさに神業の連発をみせることに。。。

30分には、左コーナーからのボールをルーニーがダイレクトボレーシュート!
アウトサイドにカーブがかかり惜しくもそれる。ニステルが少しでも触っていたら入ってた!?

前半終了間際には、スコールズお得意のミドルレンジで落着いてコースを狙うも
これもダメ~。結局0-0で前半終了。
しかし、アタッキングサッカーが展開されて、得点の予感は大有り。
今年のユナイテッドはこのままでは終わらない。

後半もパク・チソンがキレキレ~ッ☆
51分ルーニーがパクとの絶妙なコンビネーションでスペースへ流し
パクがフィニッシュ。これも惜しい! しかしルーニーとパクのホットラインはイイです!!
明らかにお互い共鳴しあっている感じだし今シーズンの鍵を握るコンビかもね。
続く57分にもパクにチャンスがでたものの、58分にC.ロナウドと途中交代。
同タイミングで、一人まったくリズムについていけてなかったオシェイを下げエインセ投入。

お預けモードだったロナウドに早速チャンス到来。
60分 長いクロスに珍しくどんぴしゃでヘディングシュートをするも
セーレンセンが体勢を崩しながらもスーパーセーブ。

しかし、しかし、ロナウドには幸運がありました。
66分にリオのオーバーラップから右サイドでパスを受け、絶妙のクロスを上げると、
ルーニーが相手DFと競り合ってヘディングクリアで流れると思ったところに
ファンニステルローイが嗅覚鋭く押し込みGOAL!!待望の先取点の起点となりました。

それにしても、われらがエース殿は開幕から2試合連続GOAL!絶好調です。
CL予備選からいれると3試合連続!!!今シーズンは得点王狙えますね。

その後もマンUによる猛攻は途絶えないものの、
セーレンセン劇場によるスーパーセーブの数々で追加点は奪えず、1-0で終了しました。
まぁ、今日は、なによりアッタキングサッカーを魅せつけてたので6-0ぐらいの気分でした。

ポゼッションを高くキープすることを可能にした中盤の連携上がってます0。
Villaのカウンターをことごとく防いだDFラインでは、リオのカバーリングが光ってました。
また、テリー(青)を意識してるのか、中央のオーバーラップが何度も見られて、
昨年とはちょっと違うリオの成長を感じました。

青vs大砲 のロンドンダービー結果はいかに!?
[PR]
by manulion | 2005-08-21 01:42 | Man.U