マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Man.C 0-2 Man.U ~Manchester Derby~

今日はManchester Derby。Man.Cはチェルシーやアーセナルと互角以上の
戦いをしてきている嫌な相手。特に、昨シーズンは、S・ライト・フィリップスにいいよう
にやられた忌まわしい思い出が。

Man.Uは、前試合レッド退場のシルベストルに代わってブラウンを先発。
キャロル、G.ネビル、リオ、ブラウン、エインセ。センターに3人、オシェイ、キーン、
スコールズ。両翼になんとフレッチャーとフォーチュンという珍しい形。
1TOPはルーニーというスターティングでした。
もちろん、ベンチにはギグスとロナウドは入ってました。展開に応じて投入予定と
いうことで、できるだけ温存したい意向が強くでてました。

今日も出鼻からライト・フィリップスに好機を作られましたが、マクマナマンが外して
くれたりと運を味方に。キャロルのファインセーブもあったかな。
試合はDerby特有のなかなか点が入らない、中盤がだれることがしばしばの展開。
また、オシェイが相手と競ったときに後頭部の延髄を激しく強打され途中交代に。
C.ロナウドを投入。徐々にペースをつかむも、前半は0-0のまま折り返し。

後半に入って、中盤を元気よく走り回っていたロイ・キーンから、この日初めて
右サイドにスペースができたところに走りこんだG.ネビルへすかさずキラーパス。
そしてゴールポストニアーへの低い折り返しに、DFの背後から走りこんできた
ルーニーが合わせてやっと先制!!確かに、Man.Cディフェンダーのダンに
ディフレクションもしましたが。
そして2点目は、これまたスローイングのボールをルーニーが受けて絶妙のクロス
を送るとMan.C DFのダンが痛恨のクリアミスで無常にもボールはネットへ。
ダンにとっては今日は本当に厄日だったと思います。
勝ち点3を着実にGetしました。しかし、チェルシーは昨日もエバートンに競り勝ち、
点差は9のまま。まだまだ追走しまっせ。

23日のCL1回戦に、スミスもファン・ニステルローイも復帰とのこと。
どうでもいいことですが、今日途中交代のギグスはタイツを履いていたのか、
両足が真っ黒でした。やはり歳には勝てないかライアンよ!!
[PR]
by manulion | 2005-02-14 00:51 | Man.U