マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

VAIO C1VJ をリニューアル!!

パソコンのネタを。
昨年10月にデスクトップ(VAIO typeM)を買うまで、我が家のメインPCとして
活躍してくれたSony VAIO C1VJをリフォームしました。

b0015910_1581324.jpg

もともと2001年2月に買ったノートPCということで、OSは超マイナーなWindowsMe
CPUもその当時省電力で話題になったTransmeta社のCrusoe600Mhzという
超・超アウトローなマシンでした。
経年劣化でHDDがうなりを上げ、プレインストールの無駄なAPPにリソース不足、
OSの不安定さが重なってデスクトップの購入に踏み切ったのわけですが、売るには
このC1というPCのオリジナル感が惜しいなぁという気持ちが沸いてきました。

・モバイルPCとしてその軽さ(脅威の800g代)
・BB時代を先取りしたカメラ付というコンセプト
・8.9インチTFT液晶 (1024×480という長方形画面)
・キーボードの打ちやすさ

この点は今でも十分通用する、いやむしろ今では手に入らないものということで
何とか復活できないものかという気持ちが益々大きくなりWEBを探索しました。
すると、VAIO LaboratoryなるHPにたどり着き、VAIO C1VJのHDD装換~
Windows2000のインストールのやり方、オリジナルVAIOアプリの抽出方法が
紹介されていました。購入当初にメモリを256MBにアップしていたこともあり、
HDDを買ってきてDIYでやれるなと思いたちこの週末にトライしてみました。

HDDは、HPで紹介されているものはもう扱っている店がなく、ソフマップの店員に
相談した結果、9.5mm厚2.5inchで20G~80Gまでなら大丈夫と聞き、東芝製
MK4026GAX というバルク品を購入しました。40GB・5200回転・16Mキャッシュ
流体軸受タイプです。あとは格闘すること数時間。Windows2000のインストール、
Sonyアプリのインストールもでき無事リニューアル完了。

完全に生まれ変わりました。HDDが流体軸受ということで死ぬほど静か。
5200回転ということでしたがアクセスもそこそこ早い。
Windows2000ということでOSの安定性も格段に増し、Crusoeでも実に快適に
動きます。あとはへたり気味のバッテリーを買い換えればバリバリ仕事で使えます。
VAIO C1シリーズ持っている人は、是非お試しください!
ああ、もちろん自己責任で。
[PR]
by manulion | 2005-02-07 01:06 | Various