マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Man.U 2-0 Birmingham

続く、Birmingham戦は、録画のArsenal戦を見た後だからか、なんか試合の
緊迫感に落差がありすぎて楽勝できるんじゃなかという錯覚が。
ということで、この試合は、ノートPC(次のブログに書きます)のセットアップを
しながら観戦ということであんまりしっかり見てませんでした。

予想通り、試合開始からMan.Uの圧倒的な猛攻で得点は時間の問題かなと
思っていたら、いつものごとくゴールが近そうで遠い状況に。
逆に、相手デポルから移籍してきたFWパンディアーニのシュートがクロスバーを
直撃。真下にはね返ってゴールラインを割っていましたが結局ノーゴール判定?
また疑惑??ビデオ判定の導入はどうなったんだっけ???

そんな中で特筆は、ついにわれらがキーン先輩が通算50得点目をゴール!
軽いステップワークでペナルティエリア内に入りサイドネットに突き刺す先制弾。
まだまだやれまっせ先輩!おめでとうございます。
それから、昨日が20歳の誕生日だった好調ロナウド君が、相手DFの不用意な
GKへのバックパスに反応。
詰めてGKに当たったディフレクションボールをルーニーがうまくゴールへ押し
込むお膳立てをしてくれました。終わってみれば2-0で順当勝ちでした。

最後に、トップを独走するチェルシーにアクシデント発生!
攻撃の要、左サイドのロッベンが負傷とのこと。これは痛恨ですね。
ロッベン復帰とともに今の快進撃があり、ダフが左をカバーできるとしても右は??
開幕当初のがちがちに守って守って守り抜く戦法へ逆戻りするのかな。
Premierは貯金がいっぱいあるからいいとしてもCLバルサ戦にいないのは
厳しいですな。天はMan.Uにもわずかながら味方してくれるのかなぁ・・・。

それから・・・1/31でジェンバ・ジェンバがアストンビラに移籍したんですね。
知らなかった。
[PR]
by manulion | 2005-02-07 00:05 | Man.U