マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Fulham 1-1 Man.U

あーーっ!痛恨のドロー・・・・最悪です。
せっかくChelsea-Arsenalがドローだったので勝ち点を縮めるチャンスだったのに。
ディオプの野郎ぉぉぉ。なんちゅーシュートじゃ。

今朝方のLIVEだったので録画してあったビデオを観ました。
ルートがふくらはぎ怪我のため大事をとって欠場。
ルーニーとスミスの2トップでした。
前半から押せ押せ。絶好調スコールズにつられてキーンがノリノリ。
数年前の動きを彷彿とさせるミドルを2発。しかしバーに嫌われまくりました。
記念すべき50ゴールはお預けのままに。
ルーニーのファンデルサールの飛び出しを見ての絶妙ループもバーに嫌われ。
勝利の運がないかと思っていたら、スミスが気迫のタックルプレーでボールを
取り返し自ら押し込み先取点。勝利の運がないなら自ら運命を切り開くものよ!と
まるで男塾の卍丸のようなセリフが似合う男っぷり。かっこよかったです。
しかし、後半からフルアムも必死に反撃。それでもポゼッションはMan.Uだったので
1-0で逃げ切りかと思っていたら。。。やられました。
1-0が手堅く守れないとヨーロッパは制せない(byモウリーニョ)と言われるが、
いやそれ以上に攻撃こそ最大の防御を地で行けばいいわけよ。悔しいなぁ。
ええい!もう忘れましょう。前向きに。
[PR]
by manulion | 2004-12-15 01:19 | Man.U