マンU・プジョー・バイオリン(音楽)・映画、食べ物、煩悩の徒然記


by ManULion

Man.U 2-0 Charlton

来た、来た、来たーーーー!Paul Scholes!!
やっとこの男にゴールが生まれました。
フレッチャーからの絶妙クロスを、これまたどんぴしゃのお手本のような
ダイレクトボレー。いや~美しく鮮やかでした。

今日は開始から圧倒的なボールポゼッションで、スコールズもお得意の
ミドルシュートで惜しいのが何発かあったのでゴールの予感はありました。
今日の両サイドはギグスとフレッチャー。ロナウドとは違って球離れもよくFWとの
タイミングは良かったと思います。両サイドバックも及第点かな。
そして、ギグスの粘りがもたらした1点目。キーン先輩も今日は真ん中に切れ込む
ドリブルや、ミドルシュートなど久しぶりにいい動き。
やっぱりトレブル世代の3人が元気なのは何だか嬉しっすね。

ルーニーは相変わらずのキレぶり。
2点くらい入っていただろうと思う惜しいシュートも何本もあったので、
次のCL5節リヨン戦で爆発の予感。もちろん今日早めに交代したルートとの
連鎖反応もありです。・・・そういえば、この前の代表戦イングランド-スペインでは
別の意味でキレてましたね(笑)

今日はもともと実力差があるので勝って当然とは思いましたが、
スコールズにゴールが生まれていい雰囲気で23日のCLリヨン戦に臨めそうです。
リヨンはリーグ・アン無敗だって。絶対、粉砕するぞぉぉぉぉ!!!
[PR]
by manulion | 2004-11-21 00:51 | Man.U